キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査キャッシング会社 柔軟な審査内容


キャッシング会社 柔軟な審査内容


ここでは実際にキャッシングを行うにあたって選ぶ必要があるキャッシング業者の中から、比較的に審査が柔軟と言う評判の企業を紹介させていただいています。
同時進行で借り入れられるおおよその最大件数は、4件未満とされています。
借入先が4件以上になれば返済が困難になる場合が多いため審査も通りづらくなるだけではなく、そもそも返済が難しくなるでしょう。

ただ、それでも4社以上から借りなければいけない事情がある方もいらっしゃるかと思いますので、今回はそういったケースの方にお勧めの企業を紹介します。

まず、大前提として2社以上となると、銀行系のキャッシングはほぼ通過できなくなります。
銀行系は金利が低めなのでここを利用したいと考える肩が多いようですが、複数社との契約がある場合は基本的に銀行系キャッシングは諦めたほうがよいと思います。
下手に申し込んでも審査が通過できず、信用情報に傷がつくだけの悲しい結果となりますので注意しましょう。

さて、審査が柔軟と言うよりは、複数社との契約があっても審査が通る可能性があるとされている企業としてはどんなところがあるでしょうか。
条件にあてはまりそうな評価を受けている企業としては、サンライフ、フクホーなどが代表的なキャッシング会社として挙げられているようです。

サンライフはかなり厳しい状態の方でも利用できるという評判が多く、相談のしやすさなどの評価が高いようで、利用者の置かれている状況を加味して柔軟な対応を行っているようです。 残念ながら全国各地をサポートしているわけではないようで、対象範囲は東京都・神奈川・埼玉・千葉に限定しているとの情報があるようですので、利用可能範囲かどうかを確認する必要がある事を覚えておきましょう。
尚、柔軟とはいっても自己破綻してしまっている方などは、やはり審査を通過できないそうです。
サンライフの利用限度額は、フリーローンで50万円を上限として審査により決定されるそうです。
サンライフを利用するに当たっての注意点ですが、他社よりも延滞が発生した場合の遅延損害金の年率が若干高くなっていて、他社平均が20%であるのに対して、サンライフは22%弱との情報があったので、注意は必要でしょう。

フクホーもサンライフ同様にかなり柔軟な対応を行っているようで、債務整理中や年収の3分の1を超える借り入れがある方でも、気軽に相談してよいという案内があるそうで、厳しい状況の方でも相談に乗ってくれるという評価が挙げられています。
インターネット上から申し込みが可能と言う近年人気の申し込みスタイルが利用できるのも魅力の一つになっているようです。利用限度額はサンライフよりも高く、審査結果如何では200万円まで借り入れ可能との情報があります。
尚、多くの場合、利用金額が50万円を越える場合は、収入証明が必要となる場合が多いそうなので、利用額が50万円を超える場合は事前に確認しましょう。

他にも中央リテールや大成クレジット・トーニチファイナンスなどの会社も、各企業それぞれの色を出したうえで、それぞれ柔軟と感じられる対応を行っているそうですので、ここで紹介したキャッシング会社を中心に選択してみると良いでしょう。

キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集