キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査全国銀行個人信用情報センターとは


全国銀行個人信用情報センターとは


ここでは、キャッシングを利用するにあたり、審査に関連して覚えておいていただきたい事柄の中から、「全国銀行個人信用情報センター」という機関の存在について紹介しています。
全国銀行個人信用情報センターは、全国銀行協会と呼ばれる銀行や銀行に関連する
クレジットカード会社が組織・運営している任意の団体が設立・運営している個人信用情報機関です。

全国銀行協会には、地方の銀行からリテール系の信託銀行、都市銀行など非常に多数の銀行系企業がこの団体に加盟しています。
以前は各地区の銀行協会等で、それぞれ個人信用情報センターをたてていたのですが、それらを統括する必要性が出てきたために、この機関は設立されたとされています。

この機関に登録されている情報としては、後述する内容となっています。

まず、個人を特定するための情報です。これには氏名や性別、生年月日・郵便番号・自宅住所・自宅電話番号・勤務先情報が挙げられています。

次に契約の内容に関する情報です。
これには取引の形態やキャッシングするお金の用途、担保があるかどうか、貸し出された金額、最終的な返済予定日、
返済額の残り、 完済済みかどうかなどの返済に関する履歴が含まれるそうです。

この情報は、契約期間中と契約終了から5年間は同機関に保有されるそうです。
ただ、 クレジットカードによる利用のうち、キャッシング・リボルビングを利用した場合は、最終利用額の確定した日から1年間が保有期間となるそうです。

次に、事故に関する情報です。キャッシングなどの金融系における「事故」という表現に関しては、一般的には延滞がそれに該当しますが、 ほかにも延滞が解消したことや強制回収に関する情報や強制解約に関する情報、取引の停止処分、保証の履行、強制的な退会処分などに関する情報が含まれるそうです。 この情報は、各事故内容が発生してから5年間同機関に保有されますが、事故内容が第一回目の不渡りの場合、不渡りが発生してから6ヶ月間が保有期間となっているそうです。

情報の照会履歴に関しても保有されるようになっており、照会してから1年間が保有期間となっています。その他、申告に基づく情報に関しては、情報が申告された日からみて5年間が保有期間となっているそうです。保有されている情報は、他の機関同様本人からも開示請求を行うことが出来ます。
ご自身の現在の信用状況を知る必要がある場合は、開示請求を行うと良いでしょう。

尚、開示請求に関しては、全国にある本人開示用の窓口に出向くか、郵送により請求することが出来ます。開示を行えるのは、本人か代理人により行えるようになっており、他機関同様に運転免許証などの本人確認が出来るものが必要となるそうです。
同機関へ開示請求を行う際の注意点ですが、開示に際して費用が掛かります。
郵送の場合は1000円、窓口での開示は500円となっているそうですので、料金が掛かることを覚えて置いて頂ければと思います。

窓口などの場所を含めた詳しい情報は、全国銀行協会が提供しているWebサイトがありますので、開示請求を行う前にはそちらを参考にしていただき、受付時間やその他必要資料がないかを確認していただければと思います。
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集