キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査基礎知識、金利の計算方法


金利の計算方法


ここではキャッシングを計画している方にとって重要となる金利の計算方法について簡単に紹介しています。このサイトの他のページでも何度か取り上げましたが、キャッシングを利用するに当たっては、実際に借りるお金だけを返済すればよいわけではなく、利子を支払う必要があります。
簡単に言えば借りたお金以上に返す必要があるということです。

例えば金利10%と表記されているキャッシングを利用しようと考えた場合で、
利用額が100万円だったとします。この例の場合に一年間かけて返済すると、110万円必要があります。金利は通常「年利」という言い方もされており、一年間あたり発生する利子の割合を指します。
利用額が100万円の場合で金利10%の場合は、前述したとおり100万円の10%として10万円を上乗せした金額を返済する必要があります。

返済期間を短くすると金利も減ります


当然の話ですが、返済期間を短くすると金利も減ります。前述した利用額・金利で、一年間ではなく半年で返済するとした場合は利子が5万円程度となり、1ヶ月で返済するとした場合は利子が1万円程度となります。 ちなみに、決められた期間内で返済すると利子がつかないというキャッシングサービスもありますので、1ヶ月で返済できる場合などは、金利がつかないというものも探してみると良いでしょう。

これがざっくりとした金利の計算方法です。これらの計算を事前に行い、どの程度の期間で返済する予定なのか、その期間返済を続けることに無理がないか、 その期間にすることで金利はいくらになるのかというのを総合的に判断し、計画を立てることが出来ますので、先行き不透明な状態で利用するのではなく、こういった計算をしっかりと行うべきでしょう。

金利の計算はキャッシングにおいては非常に重要


金利の計算はキャッシングにおいては非常に重要で、金利についてよくおこりがちな問題点についてですが、利用額が高額で返済期間を長期間で考えている場合は、利子として支払う額面もいつまでたっても少なくなりません。 よく耳にする例としては住宅ローンを利用し始めると、最初10年間程度はほとんど元金が減っていかず、ほとんど利子を支払っているような気がするなどの声が挙げられていますが、それは借りている金額が高額であることと、 利用期間が長期間であることが、そういった感覚を生み出す原因となるのかと思います。ただ、予め利子について計算しておくことでなかなか減らないということを利用し始めてから気づいてしまうなどの問題も発生せずにすむでしょう。

ここまでごらんいただければお分かりいただけるかと思いますが、金利が低いことが返済額をできるだけ安くできるということだけではなく、できるだけ早く完済することで支払わなければいけない利子が少なくすみます。 住宅ローンなどは長期的な計画でしょうし、金利もかなり低いものが近年では普及していますので利用しやすいと思いますが、消費者金融のような場合は金利がかなり高いので、金利の計算を事前に行い返済能力がご自身にあるかどうかと言うのを返済期間を考慮して検討すべきでしょう。
是非ここで紹介した計算方法などを用いて、無理の無い計画をたてて頂き、キャッシングサービスを有効活用していただければと思います。

キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集