キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査基礎知識、個人信用情報機関とは?


個人信用情報機関とは?


ここではキャッシングを利用するに当たってとても重要な存在となる、「個人信用情報機関」という存在について紹介します。
何度かこのサイトでも説明しているとおり、キャッシングを利用するに当たっては個人を特定する情報を申し込み時に伝える必要があります。

この「個人を特定する情報」には、例えば氏名・年齢・現在の職業、昨年度の年収や利用する年の見込み年収、転職歴、家族構成や現住所、他社でのローン利用状況などが該当します。
これらの情報はキャッシングを利用すると、このページで取り上げている「個人信用情報機関」という機関に登録されます。利用を繰り返すとその利用歴が増えていくようなイメージです。

そのようにして登録されている個人情報とローンの過去実績に基づいて、新たなキャッシングを行う際の審査は行われます。個人信用情報機関は、金融機関毎の信用情報を保管する機関があります。
銀行などが加盟する個人信用情報機関もあれば、クレジット関係のための機関、消費者金融の為の機関なども存在しています。

これらの信用情報機関は繋がっているわけではありませんので、例えば銀行で住宅ローンを利用していてもその情報と言うのは消費者金融系の企業では知り得ないとされています。
その結果、住宅ローンでの実績などは消費者金融を利用するに当たってはあまり関係しないというのが一般的な意見となっているようです。

もちろんのことながら、各機関で共有されている情報もあります。例えば返済が遅延してしまったなどの延滞に関する履歴や、著しい滞納歴の場合はブラックリストに記載されます。
こういった企業の経営に大きなダメージを与えかねない利用者の情報は共有されているそうですので、その点は注意しておく必要があります。

延滞という位置づけですが、概ね3ヶ月以上支払期限を過ぎても支払っていない場合に、延滞という名称で「事故」登録されます。

その記録は5年間残るそうで、最悪のケースとなる「自己破綻」等の場合は7年間も記録が残ります。
ブラックリストに記載されるというのはこういった場合になります。


ブラックリスト入りすると、基本的にはキャッシングは利用できません。クレジットカードも利用できなくなります。 クレジットカード中心の生活を行っているような方は、ブラックリストに記載されぬようしっかりとした計画をたてて、悪い利用実績が残ってしまわぬようにしましょう。

個人信用情報機関には個人のローンに関する利用実績を含む個人情報が保管されていると前述しましたが、金融機関が申し込みを受けた後に審査を行う際には、個人信用情報機関に情報照会を依頼します。 照会できる内容は、氏名・生年月日などの申し込み時に伝えた内容の真偽がわかる内容となっており、虚偽の内容で申し込みをすると即時審査は通過できないという結果になりかねないだけにとどまらず、 大きな問題に発展することさえありますので、間違えの無い内容で申し込みをするよう注意していただければと思います。

余談ですが、日本信用情報機構と呼ばれる機関に保持している情報を開示してもらうことが出来ます。ご自身の利用実績などがどのような扱いになっているかなどを知りたい場合は、直接窓口に行くか郵送で開示請求をしてみると良いかもしれません。

キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集