キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査キャッシング審査への対策 審査対象とされる重要な情報


キャッシング審査への対策 審査対象とされる重要な情報


ここではキャッシングの審査に関する情報の中から、審査の際に重要視される情報について掘り下げて紹介させていただきます。
申込書の記載事項の中でも取り上げていますが、重要視される情報としては、年齢・電話番号・職種・居住年数が挙げられています。単に裏づけがとれるから重要視されているという理由だけではなく、それぞれの項目ごとに重要視されている理由があります。

まず年齢ですが、利用者数がもっとも多いとされているのが20代から30代とされています。
職業的に安定しておらず急に職を失ったとしても、短期間での就職が可能であることなどが理由となり、 20代から30代の方が審査は通りやすいという傾向があります。


年齢が高くなればなるほど、審査は非常に厳しくなります。
その理由としては、職を失った後に次の仕事がなかなか決まらないというケースが多く、 返済能力が無くなってしまう可能性が20代・30代よりも高いということや、例えば50代の方がキャッシングを利用しようと言う状況の場合であれば、そもそも50代で貯金がまったくないという状況が危険ととらえられてしまうからという意見が多いようです。もちろん、貯金が全くないのではなく、貯金だけでは足りない何らかの状況に陥っているというケースもあるので、一概に年齢が高いからといって審査が通らなくなるわけではありませんが、審査の通りやすさで言えば雲泥の差があるそうです。

年齢だけではなく、20代から30代の中でも既婚者よりも未婚者の方が審査が通りやすいそうです。未婚者と既婚者を比較すると、社会的な信用度は既婚者の方が高いという考えが強いようですが、 キャッシング業者にとっては独身者の方が自由に使えるお金が多いため、未婚の方が顧客として安心できるという見方をする傾向があるようです。

次に電話番号の重要性についてです。近年の傾向として、固定電話をもたないという人が多くなりました。申込書には固定電話欄と携帯電話欄の2項目が用意されていることが多く、 審査が通りやすくなるのはこの2項目両方を記載することだそうです。簡単に言えば、連絡がつきやすいかどうかと言う点が重要と言うことですが、 携帯電話よりも固定電話を持っているほうが信頼性があるという評価になるそうですので、携帯電話だけを記入するよりも固定電話を記入したほうが審査が通りやすくなるでしょう。

職種についても審査にとって重要な情報になります。その業界の情勢が安定しているかという点が審査結果に影響することがあり、 特に傾向的に離職率がどのように推移しているかなどが審査の基準に加えられるそうです。ちなみに芸能人などがキャッシングを利用しづらいというのも、安定しているかどうかという部分が影響していると考えられます。

最後になりますが、現住所の居住年数についてです。もちろんお住まいの形態が、持ち家なのかどうかということよりも、いかに安定して同じ場所に住んでいるかということが審査においては重要と考えられているそうです。 とはいえ、持ち家かどうかというのも重要となるケースが多いそうです。

前述したような情報がキャッシング時に特に重要と考えられている情報だということをまずは覚えておきましょう。

キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集