キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査キャッシング審査への対策 申込書の不備と審査結果


キャッシング審査への対策 申込書の不備と審査結果


ここではキャッシングの申込書の記載に関して、不備があると審査結果に影響があるという観点から、知っておいていただきたい内容を紹介しています。

キャッシングの申し込みを行うと、申し込みを受け付けたキャッシング会社は、本人から申告された内容が本当かどうかと言うことを確認する作業を行います。 はじめてキャッシングを利用する方などはこの確認作業段階で審査を落とされてしまう場合もあるそうですので、よく確認しておいてください。

まず申込書の現住所欄に記載した内容の確認です。キャッシングカードは申込書の現住所欄に郵送される場合が多いため、ここを間違えたり嘘をつくと、宛先不明でキャッシング会社にカードが戻されてしまい、その段階でキャッシングは利用できないでしょう。
また、申込書の現住所は、本人確認書類と一致している必要がありますので、本人確認書類が旧住所の場合などは、必ず更新した上で申し込みを行いましょう。

次に連絡先です。かなりの確率でここで落とされるケースがあるようですが、携帯電話または固定電話に記載した電話番号へ電話連絡をして、記載されている電話番号が実際に本人が使用しているものか、連絡が問題なくとれるのかどうかなどの確認を行います。 偽の電話番号などを記載しておいて、キャッシング会社から連絡をした際に繋がらない場合や、別の方へ繋がってしまった場合は、ほぼ確実に審査は通過できません。 キャッシングを申し込むにあたっては、最低限記載した連絡先が常時連絡のつく状態にあることを確認しておくことで、不備によって審査が通らないという事態を防げるでしょう。

その他、勤務先情報として記載している情報についても非常に重要です。
かなり高い確率で在籍確認をおこなうそうです。これには理由があって、過去の利用者が嘘をつく傾向が高いのが勤務先情報だったという事実に基づき、厳密な確認作業を行っているそうです。

あまりに沢山のキャッシング業者に申し込みをすると、何度も自分の勤務先へ在籍確認が行くので、勤務先に不信に思われないようにする配慮も必要かもしれませんね。
ただ、勤務先への在籍確認を行う際は基本的にキャッシング業者の企業名ではなく、全く関係の無い名前を名乗るそうですので、簡単にはキャッシングをしていると疑われる心配はないそうです。

特定派遣業務などをしている方はご注意ください


最近では、特定派遣業務などをしている方が増えていますが、そのようなお仕事をされている方は更に注意があります。 何を注意すべきかと言うと、勤務先欄に出向先の情報を書いてしまわぬよう注意する必要があるということです。いつも働いている場所を書いてしまいがちなのですが、あくまで出向先はお客さんでしょうから、出向元の自分の会社の情報を書くよう注意しましょう。
あたりまえの話ですが、出向先を記載すれば存在しないといわれるはずですので、これも審査には通過できないと考えたほうが良いでしょう。

稀に質問があがるのですが、申し込み日が誕生日の数日前で、審査中に年齢が変わってしまうことがあるかと思います。このような場合でもあくまで、申し込み日基点での年齢を記載するのが一般的です。
心配であれば誕生日直前である旨をキャッシング会社側に申告した上で、年齢記載に関して問い合わせておくほうが良いでしょう。 たった一つの不備だけで、審査が遅くなったり通らなくなるというのは手間以外の何者でもありませんので、充分確認し手置いて頂ければと思います。

キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集