キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査キャッシング審査への対策 身分証明書の種類による審査結果の差異


キャッシング審査への対策 身分証明書の種類による審査結果の差異


ここではキャッシングの審査を受けるにあたって提出する本人確認用の書類による審査結果への影響度について取り上げています。 何度かこのサイトでも紹介している通り、キャッシングを申し込む際にはパスポートや免許証などの本人確認が行える書類を提出する必要があります。これは法律に基づく行為で、クレジットカードの申し込みなどでもこの書類を提出する必要があるそうです。

本人確認書類に関しては、前述している運転免許証やパスポートのほかにも学生証や社員証、健康保険証などが有効とされています。

健康保険証の種類によりキャッシングの審査結果が異なる!?


この中で注目すべきは、健康保険証を確認書類として提出する場合です。
健康保険証といっても、職種によって種類が異なるということをご存知でしょうか。
社会健康保険証や組合健康保険証などが一般的には有名なものとなりますが、これらは一般企業や大手企業の社員が持つ健康保険証の種類です。 一般企業に勤めていない公務員の方であれば、公務員共済健康保険証と言うものを持っているかと思います。

健康保険証の種類と言うのは、会社の安定度や会社の大きさなどが見えるものです。

組合健康保険証と社会健康保険証とでは、組合健康保険証を本人確認書類として提出したほうが圧倒的に有利になるそうです。
これは組合健康保険証という保険証を発行するには、勤務先の企業が大きく安定した利益をあげているという証跡であると考えられているからでしょう。

つまりは組合健康保険証を確認書類として提出することで、その企業で勤めている社員は離職率が低く安定した収入が得られるであろうと言う仮説をたてやすくなり、審査が有利になりやすいという傾向があるというのが現状のようです。
余談ですが組合健康保険証が発行されているという場合は、健康保険組合を勤務先または関連グループで運営しているという状態にあるということを事になり、 そのための運営資金を確保できるほどの財力をもっていると考えられるため、結果的に安定しているという考えに繋がるというわけです。

前述した組合健康保険証よりも、やはり公務員共済健康保険証が何よりも有利です。
言わなくてもお分かりいただけるかと思いますが、企業ではないので収入が安定しているかどうかと言う観点と離職率という観点のどちらをとっても公務員が有利になります。

そのほか、勤務先から提供される保険証以外にも国民健康保険証があります。
これには特に審査を有利にするよう効力は期待できないそうです。

ここまで話すと、国民健康保険証を本人確認書類として提出することは不利になってしまうのでは?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。 その点に関しては、あくまで「有利になる」という話であって、本質的には本人を確認するための書類に過ぎませんので、不利になるというようなことはないと考えていただいて問題ないでしょう。
本人確認書類ひとつをとっても審査が有利になるという場合があるというのがこのページを見ていただいたことでお分かりいただけたかと思いますので、申し込みの際に申告する内容それぞれが、 審査結果に直結する可能性があるということを、このサイトの他のページもごらんいただき、更に理解を深めていただければと思います。

キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集