キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査キャッシング審査への対策 申込書の記入事項


キャッシング審査への対策 申込書の記入事項


ここではキャッシングを利用するに当たって重要となる審査に関して、まず申し込みを行う際に申告する必要のある情報が何かと言う点について紹介しています。
キャッシングの申し込みを行う際には、審査を行う側が「利用する人物がどのような人物か」・「お金を貸すことにリスクがどの程度あるのか」というのがわかる情報を申告する必要があります。

当然の事ですが、その情報だけで全てを把握できるわけではありませんが、申告された情報と過去の利用実績に基づいて審査は行われます。

過去の利用実績については、このサイト内でも取り上げていますが、延滞・破綻や、同時期に多数の申し込みを行っている場合などは、 「ブラック」という悪い扱いになり、審査が一切通らなくなるという結果が生まれるため、過去の利用実績でわるい実績が無ければあまり関係はありませんが、延滞歴などがあれば何よりも重要視されるかもしれません。

申込書に記載する必要のあるものは大きく2つにわけられており、ひとつは利用者の人間性や生活が把握できる重要属性と呼ばれるものです。 これには、収入レベル・安定性などがわかるものが含まれており、例えば年齢・電話番号・職種・現住所への居住年数などが上げられています。
これらの情報は、その情報に信憑性があるものだからこそ重要とされています。

前述したものに対して、審査の際は比較的に重要視されない情報と言うのもあります。
例えば年収などがあります。住宅ローン等の場合は、昨年度の源泉徴収票などを提出しますので重要視されるようですが、消費者金融などでのキャッシングでは不要である反面、審査ではあまり重要視されていないというのが一般的のようです。
一点注意ですが、収入は信憑性を持たせるようなことを行いませんが、勤務先への在籍確認は行う場合が多いそうですので、在籍確認が行える勤務先電話番号等を記述するよう注意しましょう。

ここまでは基本情報について説明させて頂きました。
比較的に重要視されやすい年齢等の情報が大事であることは感触的にお分かりいただけているかと思いますが、実はこういった個人を特定するための情報だけが重要ではありません。

個人を特定する情報以外で重要となってくる情報についてですが、例えば使途などが挙げられています。いわゆる利用目的なのですが、 利用目的は生活が苦しいと思われてしまう事柄を選択すると、借りられる金額が下げられてしまったり、最悪のケースでは審査が通らなくなります。
つまりは、「生活費の為」などの理由は審査においては不利な扱いを受ける場合があるということになりますので、申し込み時には充分に注意しましょう。 因みに、「生活費の為」以外にも、「ギャンブルの為」や「ローン返済の為」などの使途にすると、審査結果に悪影響を及ぼすという傾向があるそうですので、レジャーなどの理由が好ましいかもしれません。

申込書に記入した内容だけで、借りることの出来る金額や、そもそも借りることが出来るかという審査結果に大きな影響を及ぼすということを、まずは今回の紹介でお分かりいただけたかと思いますので、申込書の記載はしっかりと行いましょう。

キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集