キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査キャッシングの返済術 金利を下げてもらう方法


キャッシングの返済術 金利を下げてもらう方法


ここでは、キャッシングを効率よく、有利に返済するための知識の中から、金利を下げるための交渉術について紹介しています。
現状では法律により金利の上限が20%と決められています。元金により更にその上限が決められており、100万円以上の借り入れを行うと、上限金利は15%とされています。

前述した金利を超えている場合は違法行為となっており、そのような法外な金利を設定してくるのは闇金融以外の何者でもないと考えてよいでしょう。

では15%が上限であれば金利が低いかといえば、そんなことはないですよね。
やはり金利15%でもかなりの利息を支払わなければいけないことには代わりがありません。
それでも法改正前の30%程度の金利だった頃から見ると、2分の1程度に下がっているので、どうしてもお金を借りなければいけない状況であれば、金利が高いとは言っても助かる存在ですよね。

キャッシング審査通過後に金利引き下げの交渉をする


今回は皆さんに知っておいて欲しいことがあります。
実は審査が通過した後に、キャッシング業者に直接金利を下げてもらえないかという交渉をすることで、実際に金利を下げてもらえる場合があるということです。 特に法改正前に借り入れたお金に関して金利が30%近い状況でも支払い続けている人が中に入るとの事ですので、そのような方はすぐに金利下げを交渉しましょう。

金利を下げてもらえた方の中には、ある消費者金融にて利用している借り入れに対して、交渉前は20%程度だったものが、なんと交渉により5%程度まで下げられたものや、もっと驚くケースではキャッシング・ショッピングの両方に関して金利なしという交渉に成功した例もあったそうです。
この例では、借り入れをしていた本人が支払いの遅れが連続した際に、支払いが困難になっていたことを含めて金利下げの交渉を行った結果、成功したという話のようです。

キャッシング業者は、金利で利益をあげており、それが会社の運営資金の中心となっています。
ですが、利益が出ないにしても貸し付けているお金が万が一自己破綻などで返してもらえなくなるほうが圧倒的に損失になります。 ですので、自己破綻が近い状況になっているケースなどは、その状況を踏まえて相談することで、特例のような形で金利を下げてもらえる可能性があるかもしれません。

もちろん交渉しようと連絡をしてすんなりと下げてもらえるわけではなく、頭ごなしに断られる場合も有りますが、そこで引き下がらずに自己破綻や任意整理などの可能性も踏まえて交渉し、金利を下げてもらえるように相談してみるのも良いかと思います。

あくまで個人で交渉することを前提として話していますが、弁護士などを仲介してしまうと事故の実績として信用情報が汚れる場合がありますので、ご自身にて直接交渉することを忘れないだけでなく、 直接交渉だったとしてもブラックリスト入りを前提に金利を下げるというケースもあるそうですので、ブラックリスト入りしてしまわぬよう金利下げの交渉が成功した場合でも確認は必要でしょう。

何もせずに自己破綻や任意整理と言う結末になってしまうよりは、行動してみることで思わぬ成果を挙げられることがありますので、一つの参考情報として頭の片隅に入れて置いていただければと思います。

キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集