キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査キャッシングの返済術 金利を下げてもらう方法


キャッシングの返済術 払いすぎた利息の返還を求める


ここでは利息を払いすぎている場合に、払いすぎた過払い分の金額を返還するよう請求する方法について取り上げています。出資法と呼ばれる法律で定められている上限金利と、利息制限法と呼ばれる法律で定められている上限金利には差があります。
その差によって生まれる過払い部分を請求するというのが、今回ここで取り上げているものです。

法改正前は30%前後が平均的な金利とされていましたが、現状では20%が上限です。

過払いに関してはかなり複雑となっており、現時点での金利設定値や過払いの期間なども含めてかなり法律に詳しくなければ、正しい過払い金額を請求することが出来ないそうです。

そうなるとどうやって払いすぎてきた利息を返してもらうなんていうことが出来るのかわからず、困ってしまいますよね。そこで登場するのが弁護士の存在です。

概ね、利息の過払いに関する返還請求は、基本的には弁護士をつけて請求するのが一般的な方法です。弁護士にとってもこの過払いに関する返還請求への対応は、比較的に楽な仕事のようで、しかも報酬が良いということから弁護士側としても欲しがる仕事との意見がありました。
最近ではこのような過払いに関する返還請求の対応を行っていて、無料で相談を受け付けているというような広告を打ち出している弁護士事務所も多く見受けられるようになったことからもわかるとおり、それほど過払いに気づいていないという人が多かったということなのでしょう。

弁護士をつけて請求するのが安全ではありますが、弁護士費用は安いものではありません。
返還請求して勝ち取った返還額の数十パーセントが弁護士に支払わなければいけないなど、かなり高額な出費となることはま逃れられないというのは事実です。
だからといって個人で過払いの返還請求を行おうとすれば、下手をすれば思いもしない結果ともなりえますので、いたし方のないことなのかと思います。

弁護士への支払いはあるにしても、多く支払いすぎていた利息を返してもらえるというのは先々のご自身の生活にとっては重要なものとなるかと思いますので、若干納得できない点があるにしても請求すべきでしょう。

尚、返還請求により、ほぼ間違いなく返還される例についてですが、完済している上で過払いがある場合は手間が掛からず返還してもらえるケースが多いようです。 といっても、弁護士を立てなければ意味のわからないうちに話が終了してしまうので、弁護士・司法書士への依頼を出して対応してもらいましょう。

ここからは若干余談ですが、弁護士をつけて払いすぎた利息を返してもらったという方の話ですが、弁護士はよく選ぶべきと言う意見が多いようです。
お役所仕事とまでは言わないにしても、どうも弁護士の中には相談してくるお客さんを見下している方がいらっしゃるそうです。 もちろん、相談しに行った人から見た感想で、個人差はあるかもしれませんが少なからずそういった、「弁護をお願いして高い報奨金を支払い、結果的には目的を果たせたが、弁護士が顧客を顧客として見ておらず、なぜか上から目線で話をしてきたという不快な対応を受けた」という話が多数上がっています。
客商売であることには変わりないはずですので、是非こういった事実を受け止めて、対応が高圧的ではないかなどは改良して頂きたいと考える点ですね。

こういった諸所の問題が改良されることを願いつつ、利息を払いすぎている方々は是非弁護士の方の力も借りて、少しでも自分の生活の為の行動をしてみましょう。

キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集