キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査キャッシングで失敗しないために 貸金業登録の有無


キャッシングで失敗しないために 貸金業登録の有無


ここではキャッシングの利用で失敗してしまわぬように覚えて置いて頂きたい重要な事柄の中から、貸金業の登録と言うものについて紹介しています。

消費者金融業を開業するに当たっては、財務局の局長・都道府県知事による貸金業の登録と呼ばれる許可を取る必要があります。 この登録が許可されていない状態で営業していると、無登録扱いとなり違法行為にあたります。前述している財務局の局長による登録が必要となるのは2つ以上の都道府県に営業所を持っている業者で、1つの都道府県内にしか営業所が無い場合は、その都道府県知事による登録だけでよいそうです。

前者の財務局局長の登録を受けている場合は多少信頼できるそうですが、後者の都道府県知事による登録だけであれば比較的に簡単にその登録が通るそうですので、 闇金融などの業者もこの登録だけであれば受けている可能性があります。

闇金融で都道府県知事による登録を受けている業者は、悪質な手口で大金を利用者から巻き上げ、それらが違法であることをわかっているので、数年もたたないうちに社名をどんどん変えます。
社名を変更するたびに都道府県知事による貸金業の登録を行っては悪質な行為を行うので、なかなか尻尾がつかめないというのが問題点としてあるそうです。

ですから、都道府県知事による貸金業の登録を持っているからといって信用が出来るわけではありません。ですが、そもそも都道府県知事への貸金業登録すらしていない業者も存在しています。
その場合は、明らかに違法ですし確実に闇金融でしょうから、その業者は絶対に利用しないよう注意しましょう。

前述したとおり、単に貸金業の登録を行っているということだけでは信頼性にかけるかと思います。
その業者が信頼できるかと言うことに関しては、貸金業協会と言う機関の会員となっているかと言う点の方が目安になりやすいとされています。
都道府県知事への登録よりも、貸金業協会への登録の方が審査があることなどにより厳しいされています。 ですので、貸金業登録の有無は最低限確認する点として認識しておいていただき、更に貸金業協会の会員であるかなどを、利用する前にインターネットを利用して調べるか、協会へ直接電話連絡して確認するようにしましょう。

では貸金業協会の会員であれば問題ないかと言うと、それもかなり危険です。
何が危険なのかと言うと、詐欺について取り上げているページでも記載しているとおり、中には信用できる大手企業を名乗って、手数料や保証料などを振り込ませようとするものもあります。

社名が信頼できるからといって、申し込み専用ダイヤルなどという電話番号に電話して申し込みをするような場合は、その電話番号が本当に「信用できる大手企業」の電話番号なのかと言うのもよく確認する必要があるでしょう。

話は戻りますが、貸金業の登録は最低限必要なものであって、信頼に値するものではありません。
何よりもご自身を守るのは、焦らずにしっかりと確認を行ったうえで申し込みを行うことが重要と言う皆さんの心構えであることを必ず認識しておいていただければと思います。

キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集