キャッシング審査

キャッシングの審査情報

キャッシング審査キャッシングで失敗しないために 詐欺


キャッシングで失敗しないために 詐欺


ここでは資金繰りで厳しくなった場合に冷静な判断が出来なくなり、その罠にはまってしまいやすいキャッシングの失敗談の中から、金融詐欺について紹介しています。

非常に残念な話ですが全国各地で金融詐欺の被害にあっている方が毎年のようにでているというのが現実です。 最近多い金融詐欺の手口にはメールマガジンの広告などで融資に関する情報が送れ、利用しようと思って連絡したところ、融資の前に手数料や保証料の請求を行ってくるというのが主な手口です。これは手数料や保証料を振り込ませた上で融資はしないという手口です。

実際に被害にあいそうになった場合や、被害あってしまった場合ですが、非常に残念なことに貸金業の登録先となっている金融庁や地方自治体にそれらの事実を報告しても、殆どの場合がまともに取り合ってくれず、お役所仕事としかうけとれないような対応をされてしまうそうです。

ここまで読んで頂ければお分かりいただけると思いますが、金融詐欺の被害を受けてしまった後の公的機関の対応は、ほとんど期待できるようなものではありません。
被害を受けてしまってからの対応ではなく、その被害を受けないように気をつけておくのが最大限の対策といえるでしょう。

では、その対策とは具体的にどのような方法でしょうか。
それは何よりも金融業者が悪質な業者かどうかを見極められるかどうかという点に掛かってきます。

個人的な意見ですが、メールマガジンなどで送られてきた情報だけでの申し込みはしないほうが良いです。とは言っても、中にはメリットのあるキャンペーンを本当に行っている場合も多いでしょうから、もし利用するのであれば次のようなことに気をつけてみてください。

一例に過ぎませんが、まず前述しているようなメールマガジンなどでキャッシングに関するキャンペーン情報を送ってきた場合は、疑って掛かるべきでしょう。
キャンペーンの内容で低金利を目玉にしているところがあり、例えば「金利2%」などの他社と比べるとありえないほどの低金利となっているものがあります。
これはかなりの確率で詐欺である可能性が高いです。

もちろん知名度の高い企業からのメールであれば、有益な情報の場合もあります。
ですが、無名の企業や有名企業と似たような社名を名乗って、詐欺を行っている業者も多くいます。

有名企業と同じ社名だからといって、本当に皆さんが知っているその企業と同じ企業であるかの裏づけを取る必要があるでしょう。この作業を怠ってしまうと、詐欺の被害にあってしまう可能性が高くなりますので充分注意してください。

その他にも、現金を事前に振り込ませたりするような業者は、悪質な詐欺を行っている業者である可能性が高いと思われますので、メールマガジンなどでの広告で知名度の無い業者からの案内などは利用しないようにしましょう。

ここまでを読んでいただければお分かりいただけると思いますが、実際のところメールマガジンなどの情報だけでキャッシング会社を決定してしまうのはあまりにリスクが大きすぎると考えるのが一般的です。

悪質な業者の良い顧客になってしまわぬよう、メールマガジンなどで案内されたキャッシングを利用するような場合は、上記で挙げた事柄を含めて充分に確認してから申し込みを行いましょう。

キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業相互リンク募集